Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

韓流エンタメ店長ちゃま

韓国直送のエンタメ情報をいち早くお届けします。

リュ・シウォン、チャン・ナラ主演の話題の韓ドラ『ウェディング』に関する情報も満載!
もしかしたら現地取材による独占インタビューなんてのも、あるかもしれません。
<< チョン・ジヒョン&チョン・ウソン&イ・ソンジェ『デイジー』でアジア進出 | main | 店長ちゃまの一言 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
チェ・ジウ旋風のなりゆき

2002年の冬、水彩画のようなラブストーリー一作が旋風を巻き起こした。ドラマ「冬のソナタ」この一編のドラマで“ヨン様”のことペ・ヨンジュンと一緒に、一躍最高の韓流スターになったチェ・ジウ。日本でチェ・ジウは“ジウ姫”と呼ばれ、韓流ブームを巻き起こした。

昨年、大阪で行ったチェ・ジウのドラマクラシックコンサートには、7000人を越える日本ファンが、チェ・ジウを見るために寄り集まり声援を送ったそうだ。
ドラマ「冬のソナタ」の経済的波及效果が、少なくとも1兆ウォンに達するという。またチェ・ジウは、日本で各種CMや映像写真集などで個人的にも高い収益を得たという。一緒に熱演したペ・ヨンジュンだけではなく、イ・ビョンホンなど彼女と共演した俳優たちは、現在もなお最高の韓流スターとして活躍している。
歳を取っても変わらない生まれつきのチェ・ジウならではの純粋なイメージと、すぐれた歌唱力ではないが一生懸命ファンの前で歌を歌う姿。また、チェ・ジウが“涙の女王”と呼ばれるほどの感性ある涙の演技は、日本ファンたちを魅了しているようだ。
そんなチェ・ジウの魅力が、今回のドラマ「輪舞曲-ロンド-」の成功の礎石になったという。今後もチェ・ジウ旋風は、ただのブームでは終わらないだろう。既に彼女にとっては韓流が“ひとときの流行”ではなく、日本を越えアジア全域に広げられる旋風の主役になっている。

韓風.com より
| チェ・ジウ | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:28 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。