Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

韓流エンタメ店長ちゃま

韓国直送のエンタメ情報をいち早くお届けします。

リュ・シウォン、チャン・ナラ主演の話題の韓ドラ『ウェディング』に関する情報も満載!
もしかしたら現地取材による独占インタビューなんてのも、あるかもしれません。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
See Ya、デビュー2ヶ月でSBS「人気歌謡」1位!

新人女性3人組み See Yaが、デビューして2ヶ月でタイトル曲“女の香り”で歌謡界のトップに立った。

See Yaは23日午後、SBS「人気歌謡」でアルバムタイトル曲“女の香り”で1位にあたるミュティズンソングを獲得した。See Yaはこの日、「お父さん、お母さん、所属事務所のスタッフたち、SG WANNA BEの先輩たち、ファンの皆さん本当にありがとう」と涙でコメントをした。
See Yaは SG WANNA BEが直接ボーカルトレーニングやアルバムのプロデュースを務め、デビュー前から話題を集めてきた。
2月に1stアルバム“女の香り”でデビューしたSee Yaは、パワフールで深みのある音色を持ち、“女性版SG WANNA BE”と呼ばれるほどの優れた歌唱力で、MAXMP3など各種オンラインチャートの1位を獲得する底力を見せつけた。
一方、See Yaはタイトル曲“女の香り”の後続曲である“愛してるから”で、引き続き人気を集める見込みだ。SG WANNA BE とデュエットで歌った“愛してるから”は、俳優キム・ミンジュンと女優チャ・イェリョンが出演したミュージックビデオが公開され、ファンの熱い反応を受けている。

出所:韓風 kanpooh.com
| 韓国音楽情報 | 09:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
ユ・スンジュン、コンサートで4万人余りの中国ファンを魅了!

歌手ユ・スンジュンが本格的に中国での活動を始めた。

ユン・スンジュンは5日、中国福建省厦門大学85周年を記念して開かれたCCTVの看板番組に出演し、イベント会場を埋め尽くした4万人余りの中国大学生を一度に虜にした。この日のイベントでユ・スンジュンは、“熱情”の中国語バージョンなど2曲を華麗なダンスとパフォーマンスとともに披露した。
ユ・スンジュンは今回のコンサートで、華麗なダンスとパフォーマンスで4万人余りの中国ファンを魅了した。
ユ・スンジュンのダンスと歌に魅了された数多くのファンたちが、ステージの上に花束を投げ、手を伸ばしながら歓呼するという中国現地公演現場では珍しい風景が繰り広げられた。
中国のCCTVが制作する最大のテレビ番組である「同一首歌」は、中国内で最も投資価値があるメディアとして10代の文化原動力という評価を受けている。
ユ・スンジュンと一緒に出演した中国のトップスターたちも、ユ・スンジュンの人気に驚いたという。
同番組を演出したCCTV関係者は7日、「ユ・スンジュンはソロダンス歌手としては独歩的であり、これまでのダンス歌手とは根本的に違う。このような独特なスタイルは他では見たこともなく、アジアスターの基準を変えるだろう」とし「中国を越えアジア最高の座に立つのは時間の問題」と評し、ユ・スンジュンを絶賛して強い期待を示した。
| 韓国音楽情報 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
SG WANNA BE 、3rdアルバムを公開!

昨年に2ndアルバム“生きていて”で50万近い売上を記録したSG WANNA BEが、3rdアルバムをリリースする。

グループSG WANNA BEが、3日午後 成均館大学で3rdアルバムリリース記念ライブコンサートを成功的に終えた。
公式活動の前にライブコンサートを行ったSG WANNA BEは、今回のライブコンサート中、演奏の音楽が出なくなり口パクするところだった。
SG WANNA BE は「口パクは絶対できない」と演奏の音楽を再び準備した後、コンサートを無事に終え、ファンたちを感動させた。また、ファンたちは“3rdアルバム大成功!”と叫びSG WANNA BEを励ましたという。
SG WANNA BE は汗を流すほどベストを尽くして初コンサートに臨んだ。今回の3rdアルバムが韓国の音楽界にとって新たな風になって欲しいと伝えた。
これまではスーツだけを着ていたSG WANNA BEが、3rdアルバムではファンキースタイルに変化を試みるという。
SG WANNA BE の3rdアルバムは、今月11日からリリースされる予定で注目を集めている。
| 韓国音楽情報 | 13:03 | comments(3) | trackbacks(0) |
BoA、19枚目のシングルを韓・日同時にリリース!

20歳のBoAの19枚目のシングルが、5日に韓国と日本で同時にリリースされる。

新しいシングルのタイトルは“七色の明日〜brand new beat〜/Your Color”で、さわやかなダンスナンバー“七色の明日”と、切ないバラード調のR&Bバラード“Your Color”の2曲が収録された。ジャケットも、それぞれの曲のイメージに合わせて演出したBoAの2パターンの異なる姿を収めたものだ。
一番目のタイトルである“七色の明日〜brand new beat〜/Your Color”は、BoAが直接作詞に参加し、さわやかな春のフィーリングを伝える愛らしい曲である。曲調が相反するもう一つの曲“Your Color”は、切なくて大人びたボーカルが光るR&Bバラード曲で、今回のシングルを通じ、BoAの全く異なる2つの魅力をまるかじりできるという。
BoAのニューシングル“七色の明日〜brand new beat〜/Your Color”は、CDとCD+DVDバージョンで発売され、DVDにはミュージックビデオと共にBoAの未公開ダンスを収めたダンスバージョンのビデオクリップも同時収録される。
| 韓国音楽情報 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(1) |
チャン・ウヒョク、中国でソロ1stアルバムを発表!

歌手チャン・ウヒョクが中国でソロ1stアルバムをリリースし、7泊8日のプロモーションに突入した。

歌手Rain(ピ)と中国で最も高い人気を受けている“韓流歌手” チャン・ウヒョクは、北京・上海などでのプロモーションのため4月1日に中国へ渡った。
中国のアルバム会社を通じてソロ1stアルバム“No More Drama”をリリースしたチャン・ウヒョクは、入国直後 中国のマスコミでアルバム発表記者会を行った。
既に中国でもグループHOT時代から熱烈なファンを確保しているチャン・ウヒョクは、ファンと映像チャットで交流したり中国の音楽イベントに参加してコンサートを広げるなど、多くの中国ファンの心を捕らえる計画だという。
一方、チャン・ウヒョクは1日、中国北京の世紀小劇場で開かれた1stアルバム“No More Drama”発売記者会見で、中国にダンススクールを開く計画を明らかにした。
2月に中国のインターネット・ポータルサイトSINAドットコムのアンケートで、歌手Rainを制し「韓国で最高のダンス歌手」に選ばれたチャン・ウヒョクは、「ダンススクールを開く計画はないか」との記者の質問に「ダンススクールは現在 構想中で、可能性はある」とし“ダンス韓流”で新たなブームを巻き起こすための準備をしていることを示唆した。
| 韓国音楽情報 | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
イ・ヒョリ“Get Ya”、放送活動中断!

歌手イ・ヒョリが盗作疑惑に包まれた曲“Get Ya”の活動を中断し、新曲のためにオフをとるという。

イ・ヒョリの所属事務所DSPエンターテインメント側は25日「盗作を認めるかどうかとは関係なく、疑惑になっている歌で舞台に立つことは意味がなく、“Get Ya”の活動を予定より早く終わらせて新曲“shall we dance”の振付を考えている」と伝えた。これによりDSPは、24日に予定されていたケーブル音楽チャンネルなどの番組出演を全てキャンセルした。
DSPエンターテインメントは「先々週ラテン音楽が加味された“shall we dance”を新曲として決めた」とし、「イ・ヒョリはこの歌の振付のためにダンススポーツ金メダリストのパク・ジウン選手からラテンダンスを学んでいる」と伝えた。
また「盗作疑惑がある前から新曲を準備して来たので、“Get Ya”活動の中断が盗作を認めたという意味ではない。盗作が事実だと思われるのが残念だ」と付け加えた。
イ・ヒョリ側は「2ndアルバムのタイトル曲“Get Ya”で既に2ヶ月間活動を続けていたので、新曲“Shall We Dance”の準備のため1週間のオフを取る予定だった。だが、今回の盗作疑惑でオフの時期が少し早まった」と話した。
イ・ヒョリの“Get Ya”と“ぜんまい仕掛けダンス”は見られないが、盗作疑惑の結果に人々の注目が集まっている。現在イ・ヒョリは新曲準備に余念がないという。
| 韓国音楽情報 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
パク・ヨンハ、日本でのコンサート現場!

日本で最高の人気を集めている韓流スターパク・ヨンハが、日本でのコンサートをファンたちの熱い声援のなか無事に終えた。

パク・ヨンハは完璧なコンサートを行うため、日本語の練習を一生懸命したという。この日、パク・ヨンハのコンサートを見るために寄り集まった大勢の女性ファンたちで、朝早くからコンサート会場の入口は大混雑した。
日本で大ブレイクしているパク・ヨンハのコンサートは、毎回チケットが売切れになるなど高い注目を集めた。
先日ゴールデンディスク授賞式で、パク・ヨンハの“Truth”が今年の歌として選ばれており、SE7ENと共に「韓日友情2005 特別賞」を受賞するなど日本で最高の韓流スターとして生まれかわっている。
この日のコンサートには、4万人余りのファンが公演場をいっぱいに埋め尽くした。
無事にコンサートが終わり、パク・ヨンハのためのパーティーが行われた。スタッフたちの準備したサプライズプレゼントに、パク・ヨンハは感動したという。
今年1月、2月に行われたコンサートでも、外国人歌手としては初めて14回あるコンサートチケットを一日で売切りにさせ、大成功的にコンサートを終えたことがある。
パク・ヨンハは、アルバムをリリースするたびオリコンチャート上位にランクされるなど、今後も活発な活動が期待されている。
| 韓国音楽情報 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(3) |
イ・ヒョリの“Get Ya”、盗作を部分認定!

イ・ヒョリの“Get Ya”の音源を確認したブリトニー・スピアーズ側が、部分的な盗作を確認し話題を集めている。

ブリトニー・スピアーズの“Do Something”と盗作論難に包まれたイ・ヒョリの2ndアルバムのタイトル曲“Get Ya”に対して、原著作権者が「盗作だと思われる個所がある」と判断を下した。
“Do Something”の韓国著作権を管理しているユニバーサル・パブリッシング・コリアのチョ・ギュチョル代表は23日、「“Get Ya”音源を2週間前“Do Something”の原著作権者と版権契約をした会社側にMP3ファイルを送り、その回答があった」と明らかにした。
また、チョ代表は「著作権管理会社側は、正確に盗作だと断定できないが、“Get Ya”は“Do Something”にかなりの影響を受けて作曲されたものとみられ、盗作と考えられる個所もある。必要なら専門家に依頼して曲分析してもよい。適切な判断のもと対処して欲しい」と回答が送られてきたという。
チョ代表はこれに対して「とりあえず作曲者であるキム・ドヒョンの意見を聞き、法的な紛争を避ける方案を探す予定だ」と付け加えた。
盗作との問題で多くの論難があったが、“盗作だと思われる個所がある”という回答が送られ、今後の結果に注目が集まっている。
| 韓国音楽情報 | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
“Rain(ピ)が口パク歌手?”KBS ニュース謝罪の放送

KBSニュースがRainに対する謝罪放送をして注目を集めた。

KBS「朝 ニュースタイム」がRainに対する謝罪放送を流した。22日の放送で、最近 “話題になっているトップスターカムバック”というタイトルで、歌手イ・ヒョリの口パク論難を報道した。KBSの「朝 ニュースタイム」は、イ・ヒョリのライブ舞台に対する賛否両論から出た歌手たちの口パク問題に対する内容の映像を流す際、多くの歌手たちの映像を放送した。この中に歌手Rainの映像も流され問題になった。
放送後、この番組とリポーターのイ・ヨンホ宛に、インターネットと電話を通して視聴者たちの抗議が殺到した。抗議の内容はRainはデビュー初期を除き、3年前から現在までライブで歌を披露してきたという。
これに対して「朝 ニュースタイム」は、翌日の放送で「Rainはダンス歌手だが、口パク歌手ではない」という謝罪放送を流した。この訂正報道に対して視聴者たちは感謝の気持ちを伝えたという。
歌手Rainは1stアルバムの時、喉の痛みのせいで少しの間だけ口パクした時期があったが、それ以降は続けてライブを行ってきた。不注意で流れた映像のせいで、謝罪放送を流すハプニングまで起きたという。

動画はこちら
| 韓国音楽情報 | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
グループ015B、10年ぶりにカムバック!

1990年代に歌謡界で大ブレイクしたグループ015Bが、10年ぶりに帰ってくる。

1996年6thアルバム“The Sixth Sense”をリリースしてから、長い間休んできた015Bが、 5月20日ソウルオルリックピック公園で“015Bファイナルファンタジー”というコンサートを行い歌謡界にカムバックする。
1990年“がらんとした街”でデビューした015Bは、韓国で初めて客員歌手システムと音楽創作者が中心になる“音楽プロデューサー”概念を取り入れた。誰も考えなかった独特の歌詞で、90年代高い人気を集めた。ユン・ジョンシン、イ・ジャンウ、キム・テウなどが、この015Bの客員歌手出身として有名である。
また、015Bは数多くのヒット曲と何枚ものミリオンセラーを記録したが、メディアには姿を現わさず、自分たちの音楽世界にこだわる独特のスタイルでも有名だ。10年ぶりに大型コンサートで復帰の一歩を踏み出す015Bは、今夏にリリース予定で7thアルバム作業に取り込んでいるという。
| 韓国音楽情報 | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0) |