Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

韓流エンタメ店長ちゃま

韓国直送のエンタメ情報をいち早くお届けします。

リュ・シウォン、チャン・ナラ主演の話題の韓ドラ『ウェディング』に関する情報も満載!
もしかしたら現地取材による独占インタビューなんてのも、あるかもしれません。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
イ・ビョンホン、フランス文化広報名誉大使に!

俳優のイ・ビョンホンが、韓仏修好120年を迎えるにあたり2006年フランス文化親善大使に任命された。韓仏修交120周年を迎え、ソウルプレスセンターで名誉弘報大使任命式が行なわれた。

イ・ビョンホンは16日午前10時30分、ソウルプレスセンターで開かれた韓仏修好120周年プレスカンファレンスで、フランス文化広報名誉大使の委任状を受けた。今後は、本格的にフランス文化親善大使としての活動を開始する。イ・ビョンホンの他にも多くのスターたちが広報大使に任命された。チャン・ナラは中国文化広報大使、チェ・スジョン−ハ・ヒラ夫婦とキム・テヒはスイス広報大使に任命された。またBoAと東方神起は、LA広報大使に任命された。
広報大使の委任状を受けたイ・ビョンホンは、この日「韓国とフランスの関係が120周年を迎え、意味のある行事で広報大使として任命され光栄。深い縁とは言えないかも知れないが、僕がフランス文学を専攻したということ、昨年カンヌ映画祭に参加したこと、フランス映画を見て陶酔したことがあり、すべては縁ではないか」と紹介した。
また「僕は俳優として、フランスの若者に韓国映画をたくさん紹介し、韓国の若者にもフランスの文化に関心を持てるよう一生懸命に広報する」とコメントした。
一方、イ・ビョンホンは漢陽大学仏文科を卒業した。
| イ・ビョンホン | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジュエリーデザイナーとしてデビュー
韓流スター イ・ビョンホンが 日本のジュエリーブランドのデザイナーに起用され 先月 29日東京で記者会見を開いた。



30日スポーツニッポンの記事を引用し報道した毎日新聞インターネット版は イ・ビョンホンが先月29日の記者会見で「何人かのデザイナーと共にアイデアを出し合い 多くの人に愛してもらえるジュエリーを作るため難しいことが多かった」と打ち明けたと伝えた。

男性で初めて「サマンサティアラ」のブランドモデル兼デザイナーを務めるイ・ビョンホンは 十字架と自身のラッキーナンバーという「7」をモチーフにした男性用と女性用のネックレスを製作した。

10月3日に発売される女性用ネックレスには イ・ビョンホンのメッセージカードと写真が入っていて価格は 10万円と高額で販売される予定。この商品を購入すると12月開催される同ブランドのクリスマスイベントに参加できる。男性用の発売日や価格は今の所未定である。
イ・ビョンホンは今後も指輪やハンドバッグなどのデザインに参加する予定だ。
| イ・ビョンホン | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
イ・ビョンホン ドキュメンタリー話題


今月6日、NHKで「韓流俳優 イ・ビョンホンのすべて」という
ドキュメンタリーが放送されて大きな反響を呼んだ。

NHKは4月末から撮影を始め、約4ヶ月間イ・ビョンホンに密着取材。
ドキュメンタリーではイ・ビョンホンのカンヌ映画祭公式訪問を含め
映画『甘い人生』の台湾プロモーション、携帯電話のCM撮影現場などを紹介している

NHK側はイ・ビョンホンについて、「強烈な存在感とカリスマ性の中に
少年のようなあどけなさを持っている韓国のトップスターだ」と称え
日韓国交回復40周年にあたる今年
韓日交流の親善大使にも委嘱されている事について
「俳優の枠を超えて韓国と日本を結ぶ掛け橋的な存在」と付け加えた。

同番組では今まで公開された事のないプライベートな姿を公開し
イ・ビョンホンの素顔をあますところなく見せている。
また、パク・チャンウク、カン・ジェギュ監督などの有名人のコメントも伝えた。

NHK製作チームは「遅い時間帯の放送にもかかわらず、約1200万人が視聴し
放送後も電子メールやファックスが殺到して、業務が麻痺されるほどだった」と伝えた。
視聴者からは、イ・ビョンホンの仕事に対する熱情と
絶え間ない自己啓発の努力、人間的な面に魅力を感じるという意見が寄せられた。

一方、イ・ビョンホンの所属会社側は
NHKのゴールデンタイムに韓国俳優のドキュメンタリーが放送されたのは
韓国俳優の高くなった人気を証明することだと分析した。

動画はこちら(画像をクリックしてください)。
| イ・ビョンホン | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
ビョン様 声優のアニメ映画『マリといた夏』日本公開


イ・ビョンホンが声優として参加した
イ・ソンガン監督のアニメ映画『マリといた夏』が6日、日本で公開される。

スポーツニッポンなどはアニメ映画『マリといた夏』の日本公開に合わせ
イ・ソンガン監督の東京での記者会見を報道した。
この作品は「ビョン様」ことイ・ビョンホンが
声での出演をした事で、日本でも話題となっている。

イ・ソンガン監督は日本公開を控えた3日、東京で記者会見を開き
「作品のイメージに相応しい役者を使うことができた。
皆さんに幸せな気持ちになってほしい」とアピールした。

『マリといた夏』は 「ナンウ」という海辺に住む少年が
神秘的な少女「マリ」に感じる憧れや愛を描いた作品だ。

2002年ANSI国際アニメーションフェスティバルのグランプリ受賞作でもある。

詳しくはこちら
| イ・ビョンホン | 09:51 | comments(0) | trackbacks(0) |